読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の見える場所から

ラジコン飛行機を飛ばしたり、カメラを持ってブラブラしたり、、、自己満足の日々

ポートレートデビューしました(Nikonカレッジ)

f:id:sion0529:20170221204340j:plain

1月から通っていたNikonカレッジの撮影実習に行ってきたのですが。。。

その前の講義で、最後に先生が発した一言に戦慄しました。

 

「来週の実習ですが、モデルさん連れて行きますから」

 

。。。。。(・・?)

どうやら実習は、まさかのポートレートのようです。

 

 

 

 

聞いてねぇーーーよっ!! ( ̄◇ ̄;)

 

って話ですよ、ええ(笑)

ぼく、ひとなんてとったことない。。。

 

 

実習場所は浅草寺、天気も良く快晴でした。

とりあえずモデルさんに立ってもらい、先生がポートレートを撮る上での光の考え方をサクッとレクチャーしてくれました。

 

〜〜〜〜〜

順光やサイド光で撮影するのはモデルさんの顔に光と陰のコントラストが強くなりすぎて綺麗に撮れない。逆光だと顔に当たる光がフラットになる。また半逆光もポートレートでは良く使う光。また太陽が見えているということは点光源でスポットライトを当てているの同じ状態。そして日陰に入ると、、この時の光源は青空で面光源になっている。空が太陽の光を反射させて柔らかくしてくれる。良いですか? 日陰でも光の向きがあるんです。

〜〜〜〜〜

日陰のなかにも順光/逆光がある、はチョット新鮮でした。まあ、言われてみればその通りなのですが。

 

そして撮影開始です。

先生が場所を決めてモデルさんを立たせて、各人が1人ずつモデルさんと対面して撮影します。皆んなでモデルさんを囲んでパシャパシャじゃありません。。。

 

 

ポートレートを撮ったことのない僕はマジ困りました。

ちなみに僕の勝手なポートレートカメラマンイメージはこんな感じです。

 

 ↓ ↓ ↓  注)モデルさんを撮影中のイメージです

「は〜い、こっち見てー」(←カメラマンセリフ

パシャパシャ、パシャ! (←シャター音

「おー、その表情良いねぇ〜〜」

パシャパシャ、パシャ!

「もっと!  もっと!」

パシャパシャ、パシャ!

「ああ、いいーー、いいよーー」

ぱry)

 

 

。。。こんなのコミュ障の僕に出できるはずありません。お腹痛くなってきました。

 

そして僕の順番。とりあえずモデルさんに、

 

「すみませ〜ん、撮りまーす」(撮影開始)

パシャ、パシャパシャ!(とりあえずアイレベル)

パシャ(ローアングルに変化)

パシャパシャ

(´-`).。oO(あれ? なんか撮りやすくない?)

パシャパシャ、パシャパシャパシャ、、、(右へ回り込む)

パシャパシャ

「ありがとうございまーす」(撮影終了)

 

特に妙なセリフを吐くこともなく、モデルさんに集中して色々構図を変化させながらシャッターを切っていました。モニターで写真を確認すると、なかなか良さげな感じで撮れてます。

先生も「おお、良いじゃないですか! もう少し寄って、露出もチョット上げたほうが良いかもしれないな〜」と言ってくれました。

 

 

 

 

俺、もしかしてポートレートの才能あるんじゃね??

 

ものすごく高揚感を感じます。

調子に乗って何度も「撮りまーす」とモデルさんに近づきパシャパシャ撮ってました。

 

 

だけど、そのうち、気がついたんです。

僕が適当に振り回しているレンズの先に、いつも必ず

 

 

 

 

 

モデルさんの目線と仕草が存在していることに!!

 

 

 

僕が適当にローアングルやアイレベルとレンズの向きを変えてシャッターを切っていたのに、その瞬間にモデルさんがレンズに目線、表情やしぐさ、そしてポーズを繰り出していたのです。時に凛としてみたり、はにかんでみたり、そして少しだけ大人の表情を見せてみたり。。。

(おそろしい。これがモデルさんという仕事なのか。。。((((;゚Д゚)))))))

 

考えてみれば、先生が光の状態を見極めて場所を決めていました。モデルさんと1対1で撮影させたのも撮影方向をある程度限定させることもあったのでしょう。

 

僕はただシャッターを切っているだけ。注意するのはフォーカスポイントくらいでしょうか。全ては完璧にお膳立てされていました。

 

気がついて良かったです(笑)

あやうくポートレート沼に足を入れてしまうところでした。そんな沼に入ったら、58mm f/1.4だとか85mm f/1.4を揃えることになってしまいます。あ、最近105mm f/1.4なんてのも出ましたね。

危なかった ε-(´∀`; )

 

良い経験させてもらいましたが、まあポートレートは基本やらないかな。

撮れせてくれる被写体さん居ないし(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく、良く撮れたかな?って写真です。 

やっぱりモデルさんが素敵なんですね〜

f:id:sion0529:20170221201613j:plain

 

f:id:sion0529:20170221201623j:plain

モデルさんの名前は忘れました。ごめんさない。

 

フォトコン応募を考えたら三脚を買ってしまってた

初めて一眼レフカメラを手にしてから4年。

きっかけは、そう

 

飛行機を大きく写したい

 

と思った、というだけ。それでD5200(だったかな?)をダブルズームキットを購入して、空港や航空ショーに行ってた。目論見通り飛行機が大きく撮れる。とても嬉しかった。それで充分満足だった。

でも1年くらい経つと、色気付いたのか少し本格的なものが欲しくなりD610を購入。

すると今度は飛行機だけじゃなく、何か作品めいたものが撮りたくなる。でも何をどんな風に撮って良いか全く分からない。だからNikonカレッジに通うようになった。

そして下手ながらも偶には

(ノ゚ο゚)ノ オオ

っていうのが撮れたりして(もちろん自己満足)、少しづつ沼に足を取られていく。

そして昨年、気付くと「飛行機撮るなら望遠が効くDXだよねw」とか一丁前なことを考えてD500を購入。とうとう、

一眼レフ2台体勢

とかいう当初では考えられない状態になってた。

 

それでもね、フォトコンとかってさ。

 

そういうものの存在は知っていたけど、自分には無縁の世界だと思っていた。時々行くNikonカレッジには多分そういうものを意識して写真撮ってる人達が沢山いるけど、自分には別世界の住人くらいに見えてた。。。

 

 

だけど最寄駅のホームで、とあるポスターがふと目に入る。じーっとガン見した後、気付いたらチラシを持ち帰っていた。

f:id:sion0529:20170220214200j:plain

 

2018年京王線フォトコンテスト作品募集

募集要項は以下。

テーマ: あなたが伝えたい、京王線の美しい風景

募集締切: 2017年8月7日

応募条件: 2015年1月以降に撮影した京王線沿線の未発表の写真

 

さらに<応募規定>を読むと。

(1) 入選作品は京王グループカレンダーに使用予定

(2) 撮影構図は横構図に限る

(3) 人物メインはダメ

(4) 場所が特定できないような被写体アップもダメ

(5) 電車メインもダメ

(6) 電車が入る場合は風景に溶け込む程度にすること

 

 

ふむふむ。

まず人物メインが禁止されているのが良いです(僕は人を撮った経験なし)。あと募集締切がまだ先なことも。そして京王線はよく利用するので、取り組み易いのではないかと思いました。

そして応募規定を見て感じたこと。

これってつまり、写真の発注仕様なのかな?

 

普段、僕は人に見せる目的で写真を撮ったりしてません。Nikonカレッジでもテーマに沿って写真を撮り講評を受けてますが、別に「先生に見せる」ためではなく自分で見て楽しむため。基本的に自己満足です。

 

でもフォトコン主催者はカレンダーを作るための写真を幅広く発注しているみたいで、これに応募するためには、

フォトコン主催者の要望を汲み取って見せるための写真を撮る

ことになります。

僕にとっては今までにない切り口です。なんか新しい扉が現れた気がしました。

 

 

 

そして、ここからが本題。

やっぱフォトコンに応募するような写真撮りたいなら

三脚くらい持ってなくっちゃね〜

ということで買ったのがコレ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

f:id:sion0529:20170220214216j:plain

SLIKのライトカーボンE84とManfrottoのMVH500AH(雲台)です (☆_☆*)キラーン

飛行機撮り用にTamron150-600も使っているので、ビデオ雲台も買ったのですが。。。

よく考えたら航空ショーって基本三脚禁止が多いし、チョット早まった感があります(笑)

 

とりあえず三脚持って川崎の工場夜景を撮りに行きました。

f:id:sion0529:20170220214233j:plain

f:id:sion0529:20170220214241j:plain

今まで手持ちでは絶対に出来なかった憧れの10秒露光です。

これだけで三脚購入の意義がありました。まさにQOL(Quality of Life)向上。最初の方に偉そうなことを書きましたが、これは「三脚を購入しました✌('ω'✌ )ウェーイ」って話です。ずーっと前から購入しようか迷っていた三脚ですが、やっと大義名分を得て踏ん切りがつきました(笑)

 

嗚呼、フォトコンですが良さげなのが撮れたら応募してみようと思っています、一応は(笑)

 

ASCENT君 塗完になりました

昨年の9月から塗装に出していたASCENT(ラジコンF3A機)が、塗装完成機になって戻ってきました。

f:id:sion0529:20170129212457j:plain

機体は先週末に引き取っていたのですが、僕もスタント機に対してテンションが下がっているので。。。まあ、1週間放置していました。でも「受け入れ確認」というわけではありませんが全体的に1度見ておいた方が良いかとも思うので、組み立てて写真を撮ってみたしだいですww

 

 

f:id:sion0529:20170129213915j:plain

主翼のサイドジェネレータは、キッチリ差し込んでいない状態です。別に塗装がズレているわけではない、ということで。

f:id:sion0529:20170129213858j:plain

塗装デザインは基本的にナルケホビー標準に準じていると思いますが、メインカラーのレッドをパープル、そして下面側をターコイズとグリーンに変更しています。阿修羅さんの時もそうでしたが、パープル系が好きなんですよ。

ただ今回のパープルは少し赤みが強い感じがしました。前回と同じ塗料を取り寄せているはずですが、チョット配合が変わったのかな??

f:id:sion0529:20170129214211j:plain

 

 

 

f:id:sion0529:20170129214251j:plain

背後から。別に国を意識するつもりはありませんが、日の丸が入っています(笑) 

 

 

そして全体的に。

f:id:sion0529:20170129214308j:plain

 

f:id:sion0529:20170129214316j:plain

 

こうして見ると、やっぱりカッコ良いですね。とりあえず、すぐに片付けましたが。

リンケージ作業は春が来てからにしようかな。。。

 

NikonCollege 〜お伝えします、私のフォトメソッド〜 に参加してきました

NikonCollegeの中級者向けの講座に行ってきました。

f:id:sion0529:20170121185052j:plain

 

写真家の方が教えてくれる「私のフォトメソッド」。座学中心の講座です。

いつもの「お散歩スナップ講座」はとにかく撮影して講評を受けるという実践的なものですが、ここらで改めて写真の撮り方について勉強してみるのも良い時期なのかなと思い受講しました。

 そういうわけで、割と気楽にお勉強のつもりで参加していたのですが。。。。

初回講座の最後で先生が、

 

 

あ、来週は皆さんのコレだ!という「作品」を3枚持ってきてください。

講評しますから (ニッコリ

 

 と言って終わったんです。

 

( ̄▽ ̄;) エッ... 講評?????

っていうか、先生「作品」って言った???

「写真」じゃなくて「作品」って言ったの???

(; ̄ェ ̄) (; ̄ェ ̄) (; ̄ェ ̄)

 

 

まさに青天の霹靂とは、このこと。

とにかく最近撮ったものの中から、上位3枚の写真を持って行きました。

(注:作品と呼べるものではありません) 

 

講評の回で知りましたが、コンテスト思考の参加者が多いみたいですね。講座が始まる前に個別に相談されている方もいました。またしても来る場所を間違えちゃったかも?です(笑)

 

とりあえず持って行った3枚は「イルカ」「紅葉ライトアップ」「江川海岸」。

そして以下、先生とのやりとりです。

f:id:sion0529:20170121185103j:plain

<先生>

 これは潜って撮影したのですか? まあ、水族館だったとしても人には「潜って撮った」と言っても良いと思いますよ(笑)。イルカにピントも来ているし、よく撮れましたね。

<僕>

水族館で撮っています(八景島シーパラダイス)。光があったので、構図を決めてイルカがファインダーに入ってくるのを待ちました。ちょうどイルカが潜り込んで来たので夢中でシャッターを切りました。連写だったので、この前後に20カットくらいあります(笑)。まあ、偶々ドンピシャカットがありましたねw

<先生>

まあ、偶然だったということですが(笑)。

そうは言っても偶然を掴むためには準備が必要なわけで。構図を決める、連写の設定をしておく、そう言った準備のおかげですよ。よく撮れたと思います。

 

 

 

f:id:sion0529:20170121185113j:plain

<先生>

う〜ん。。。この写真は、我々からすると

「色の無い写真」

という扱いになってしまうんですね。一見鮮やかに見えるのですが。。。紅葉の赤ってもっと色々な赤があるはずなのに、彩度上げすぎじゃないかな?

<僕>

僕はコントラストと彩度高めが好きなんですよ。撮影時はアンダーが潰れると嫌だったのでポートレート(PictureControl)にしたのですが、結局どちらも上げてしまいました。確かにヒストグラムでも赤は飽和していました。

<先生>

色の階調性って大事ですよ。彩度上げすぎると日本人には「ケバく」見えちゃう。ああ海外にはこのような色彩を好むお国柄もあります。話変わりますが「桜」もピンクに調整しちゃう人が多いんですね。ほとんど白なんだけど、薄っすらとピンクが乗るか乗らないかぐらいが良いんです。 

 

 

 

f:id:sion0529:20170121185232j:plain

<先生>

綺麗な写真ですね。もっと露出を下げても面白くなったかもね。

<僕>

ええ、でもこれよりも下げちゃうと左下が潰れちゃうんですよ。

<先生>

いやいや、それなら切っちゃえば良いのです。この写真の綺麗なのはココなんだから(写真の枠内) 、あとはどうだって良いでしょ(笑)

f:id:sion0529:20170121185148j:plain

あと対岸の工場がハッキリと見えてますね。う〜ん、私なら煙突から横に出ている煙を生かしたいなぁ〜。逆光で良い雰囲気を出してるじゃない。

<僕>

あ、ああ、、嗚呼。。。そうですか。。。ハハ σ(^_^;)

<先生>

これ撮った時に他の焦点距離を試しましたか? カメラのモニタを見た時、自分の意図した場所にフォーカスがきているが確認していますか? どこが綺麗で他に省けるものがないか検討しましたか? モニタを拡大表示させれば、削ぎ落とした時の絵も確認できます。「ただ撮れた」で終わってしまうのではなく、他に何か別の可能性がないか絶えず検討していますか? フィルム時代と違って、今は現場でできることが沢山あるんですよ(笑)

 

 

帰宅してトリミング調整した写真が下です。

露出を-1.0EV下げて、WBを5200K(晴天)→4800Kに変更しました。f:id:sion0529:20170121185243j:plain

ああ〜、こっちの方が全然良いですね(笑)

この撮影時は江川海岸の電柱を撮りに行っていたので、対岸の工場など全く眼中になかったです。撮った時にモニタは見ていますが、明暗をヒストグラムで確認してるだけです。ピントはおろか、どこが削れるかなんて考えたこともありませんでした。

 

 

なるほどな〜、コンテスト思考の人はそういうレベルで考えてんだぁ〜

 

と思いましたw ァ,、'`ヽ(ˆ▿ˆ;)ノ,、'`'`,、

 

その他、先生が言っていたことおぼえがき。

(1) 露出はマニュアル撮影の方が良い

絞り優先で露出補正をしても、光の状態によってカメラの決める露出は変わってしまう。マニュアルであれば光の状態に関わらずカメラの露出は安定する。従ってあとは画面の構図に集中して撮影できる。

 

(2) 焦点距離は画面の遠近感により決める

レンズを望遠側にズームすると遠近感が失われ密集感が出てくる。マラソンなどは望遠側を使うことで選手の密集感を表現できる。遠くを撮るのに望遠と思いがちだが、写真の遠近感を決める要素として焦点距離を選択すること。遠い、近いは自分の足で動くこと。

 

 

 

 

 

まあ正直なところコンテストだなんて恥ずかしくて言えませんけど、

5年後くらいに応募できるようになれば良いなぁ〜

と思ってたりはしてます (チラッ チラッ

 

 

 

 

 

 

八景島シーパラダイスに行ってきた(2016年)

f:id:sion0529:20170103184820j:plain

2016年の暮れも押し迫った12月30日、八景島シーパラダイスに行ってきました。目的はイルカの撮影。NikonカレッジでAQUA PARK品川に行っていらい、水族館にも時々行っています。カメラを持っていると、おひとり様でも平気で入れちゃいますね(笑)

 

まずはペンギン。下の泳いでいる姿を見ると、毛並みもあるし、やっぱ鳥なんだなぁ〜と思います。

f:id:sion0529:20170103185549j:plain

f:id:sion0529:20170103185556j:plain

 

クラゲ、クラゲ

f:id:sion0529:20170103185636j:plain

綺麗ですね〜

 

イルカショーにはシロイルカが登場していました。なんでも八景島のアイドルなんだそうです。

f:id:sion0529:20170103185707j:plain

f:id:sion0529:20170103185657j:plain

 

 

そしてドルフィンファンタジー水族館。まあ、ここでの撮影が主目的だったわけで。

f:id:sion0529:20170103185738j:plain

チューブ状の水槽の中をイルカが泳いでいるのですが、これを下から見上げている状況での撮影。この日は天気も良く外からの光が差し込んでいたので、この光を利用してイルカを撮影することを考えて構図を決めました。あとは右下にイルカが泳いでくるのを待つだけなのですが、じっとしていると腰が痛くなるので座ったり立ち上がったり。まあ、20分くらいは待ってました(笑)。

それでやっと撮れたのが上の写真です。ダイナミック感も出てカッコ良く撮れたかな、と思っています。ちょっと写り込みが残念ですが、水族館ですし仕方ないですw

 

 

これで満足したので腰も痛いし帰ろうと思っていたら、もう一匹がフレームに入ってきました。

そして、、、グイって潜り込んできたのですよ

(☆_☆*)キラーン

f:id:sion0529:20170103185744j:plain

すかさず連写です。この日はD500を持ち込んでいたのですが、毎秒10コマは流石ですね。良いカットがありましたよ。

ちょうど光を覆い囲むように潜り込んできてるので、なんだか幻想的な感じがします。

 

D500買って良かった〜  (*´∀`*)

 

心底そう思いながら年の瀬を迎えられた2016年でした(笑) 

2017年もNikonカレッジをはじめ、また色々と写真撮りに行きたいです。

 

 

写真をアルバムにまとめました。

八景島シーパラダイス | Flickr

 

ホリディできました

フィルム貼りを終えて、垂直尾翼水平尾翼をヒンジテープで繋ぎます。 

表面は水平に置いて、上からピーっとテープで止めます(写真は垂直尾翼)。 

f:id:sion0529:20161223222647j:plain

裏面は垂直に曲げてヒンジ面にもテープを入れるように貼ります。

f:id:sion0529:20161223222700j:plain

 

ヒンジを付けたところ。黄色は水平尾翼

f:id:sion0529:20161223223625j:plain

 

続いて尾翼の取り付け。

垂直尾翼取り付け用のバルサ材を接着しました。 

f:id:sion0529:20161223222924j:plain

この時点ではテールパイプとの接着はしていません。

f:id:sion0529:20161223222914j:plain

水平尾翼をテールパイプに接着します。

f:id:sion0529:20161223222937j:plain

とりあえず図面に合わせ接着しちゃいました(笑)

f:id:sion0529:20161223222947j:plain

この辺り面倒になっていて、スタント機を作る時の慎重さは既に有りません。一応、接着後に翼端とテールパイプ先端との距離を測りましたが問題はなさそうです。

うん、、、まあ、チョット、、ビミョウかもしれませんがw

 

アングル材を使って、垂直尾翼をテールパイプに接着しました。

f:id:sion0529:20161223223026j:plain 

f:id:sion0529:20161223223038j:plain

 

そしてメカ積みリンケージ。 

f:id:sion0529:20161223223051j:plain

あ、、もはや不良債権と化した○○○が、、、 (ボソッ 

 

f:id:sion0529:20161223223116j:plain

ハンドランチはメカ室が狭すぎますね。サーボは接着で取り付けました。エポキシなんで、もう取れません。サーボ交換は機体ごとですかねw

 

f:id:sion0529:20161223223127j:plain

バッテリーはLiPo1セルです。 

 

ホリディ完成しました。

f:id:sion0529:20161223223138j:plain

 

 

取り急ぎ、シェイクダウンだけしました。 

f:id:sion0529:20161223223146j:plain

軽く水平飛行だけさせて重心を調整。胴体先端に10gのウェイトを載せることになりました。う〜ん、全備重量150gです。図面には130g前後になるって書いてあったけど(−_−;)

でも、多少は重量があった方がランチ高度は稼げるのかなw←

 

お散歩スナップ講座〜異国情緒編Part2(NikonCollege)

お散歩スナップ講座〜異国情緒編〜の2回目です。

f:id:sion0529:20161212211748j:plain

撮影場所は横浜山手の洋館。クリスマスの雰囲気を異国情緒たっぷりにスナップしましょう、という感じでした。

 

だけど、重大な問題が。。。

f:id:sion0529:20161215195541j:plain

単焦点しばり。。。(; ̄ェ ̄)

 

撮影実習では、いつもD610と24-85(f/3.5-4.5)標準レンズを使用しています。自分の撮影データを確認すると、24mmか望遠側65〜85mmあたりを使っていることが多いです。それが今回は35mm縛り。

 

 

 /(╯ш╰;)\アアアア...

 

 

まあ、そんなこんなで、、、今回はD500と24-85を24mm固定で参加しました。

 

とりあえず、実習開始前に先生からチョコっとレクチャー。というか指令ですw 

 

山手111番館とイギリス館にはテーマを設定します。それ以外は自由で。講評は2枚で行いますが、1枚はテーマに沿った写真を持ってきてください。

<山手111番館のテーマ>

①透明感

②カラフル

③可愛い

④オシャレ

このうち2つまでは感じられる写真を撮ってください。

<イギリス館のテーマ>

シック、または重厚感を感じられる写真を。ただし寂しい感じにはしないでください。重厚感と寂しい感じは、紙一重だったりします。

 

 

というわけで、山手111番館。

とりあえず頭とお腹が痛くなってきました。

f:id:sion0529:20161215195005j:plain

なんだよ、これwwって感じ。一応主役はOrnamentだったりします(笑)

 

もう、これはダメだ。。。(~_~;)

 

と思い、先生に頼ります。

「なんか、どうして良いか分かんないですけど」

 

〜先生〜

主役のOrnamentが小さいですね。もっと寄った方が良いでしょう。それから、、、(Ornamentを眺めながら)ここから見ると順光だけど、(移動しながら)こう回り込むとシャンデリアの逆光になります。またこうして見ると(屈み込みながら)、光の反射具合も変わってきます。こうして被写体が一番美しく見えるところを探しましょう。あと串刺しって言うのですが、Ornamentがぶら下がっているツリーの枝が気になりますね。これをボカすか、写らないように構図上から切るか、した方が良いかもしれません 

 

そして苦戦した結果がコレ。

f:id:sion0529:20161215195128j:plain

ちょっと逆光ぎみ。

 

f:id:sion0529:20161215195015j:plain

さらに逆光。

 

Ornamentに寄るために、初めてD500をライブビューとバリアングル機能を使って撮影しました。カメラが重くて手がプルプルしてしまい、ピントが迷子になってる感じがありますw

折角の先生のアドバイスも、それを生かす技術が無いっぽいです(笑)

 

 

まあ、そんな感じでポンポンペインな撮影実習も終わり、講評へ。

次の2枚で受けました。 

f:id:sion0529:20161212211757j:plain

<換算36mm  SS:1/125  f/4.5  EV:+1.0  ISO:400  WB:AUTO >

<撮影意図>

イギリス館で撮りました。重厚な感じはしないけどシック感は、、あるようなw

スプーンに写り込んでいるシャンデリアにピントを合わせています。だけど、35mm問題は難しいです。色んな物が写ってしまい、主役が何か分からなくなってしまいました σ(^_^;)

 

<講評>

スプーンの写り込みは面白い発想だと思うのですが、シャンデリア以外にも気を配ると良いと思います。人も写り込んでいますが、これが写真に「賑わい」をもたらすこともあり得ます。ただこの写真に写り込んでいるのは、黒髪の黒い服を着た人。赤とか明るい服を着た人ならば。。。映り込む人を選ぶことも必要かと。

構図的には上の方を削った方がスッキリしますね。

あと、露出補正をもっとプラス側に振り切ってみたり、逆にマイナス側に振り切ってもナイフのエッジ反射が際立ってくるでしょう。どちらに振り切ってみても面白い雰囲気が出せると思いますよ。

 

 

f:id:sion0529:20161212211805j:plain

<換算36mm  SS:1/1250  f/3.5  EV:+1.3  ISO:400  WB:晴天  ActiveD-Lighting: 強め>

<撮影意図>

山手111番館で撮りました。設定テーマとはかけ離れていますが、自由テーマということでw。

ピントは瓶の向こう側の景色に合わせました。撮り始めの主役は瓶の中だったわけですが、シャッターを切る時は窓の入り具合を頻りに気にしていました。だから瓶の中が疎かになってしまい。。。自分でも主役が何だったか分からなくなっていると思います。いまこうして見ると椅子が瓶からはみ出しているのですが、中に収めた方が良かったかなと思っています。

 

<講評>

う〜ん。。。。。

①瓶の湾曲で紅葉の虹みが面白いところ

②青い空

③カーテンの透明感

良い要素は色々あるのですが、これらが散逸してしまった感じですね。そう言う意味でも椅子が瓶の中に収まっていれば 、瓶の中が主役として1本スジの入った纏まりが出てきたと思います。露出は丁度良いと思います。

 

 

嗚呼。。。(´・_・`)

自分でも撮影中に集中力を切らしていたなぁ〜、と思っています。なんか色んなものが気になって仕方なかったんですよ。35mmの罠ですwww

必殺技「寄せてアップの法則」を封印されたの痛いです。単焦点での室内撮り、練習が必要です。っていうか、もっとモノをよく見るクセをつけた方が良いか。。。

 

 

 

そういえば。。。

誰かがナイスな質問をしてくれたおかげて、先生のチョットした撮影メソッドを聞くことができました。

 

(1) 主役を決める

(2) それが1番良く見えるアングル、構図を徹底的に探す

(3) 脇役のボカし具合を探る。形がハッキリして大きいと主役を邪魔してしまう

(4) 露出とホワイトバランスを調整していく

(5) 自分の中でグッとくるものが撮れるまで粘る (←コレが重要!)

 

その他、、、

反射、明るさと暗さで立体感を出す。

物を撮るにしても全体を入れてしまうとブツ撮り感満載になってしまうので、あえて大胆にカットするのもあり

 

 

撮影した写真をアルバムにまとめました。

https://www.flickr.com/gp/126175851@N02/945EuM