読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の見える場所から

ラジコン飛行機を飛ばしたり、カメラを持ってブラブラしたり、、、自己満足の日々

ブルーインパルスで芸術の秋を堪能(入間基地航空祭)

飛行機 カメラ

 11月3日、毎年決まってこの日に開催される「入間基地航空祭」。ブルーインパルスを見るために、今年も行ってきました。

 持ち物です。

f:id:sion0529:20151107133304j:plain

 <Nikon D610    Tamron SP150-600mmF/5-6.3>

 昨年もカメラを担いで「ブルーを撮るぞー 」って張り切って行ったけど、写真は全滅状態w。今年は、少しでも良く撮れたら良いなぁ〜

 午前中は風も程よく絶好のフライトコンディションでしたが、お昼頃から時折強い風が吹き始めました。体感的に6,7mってとこでしょうか。僕がいつも飛ばしているラジコン機(阿修羅さん)なら、撤収を考え始めるところです。

 ですが、ドルフィンライダー達の判断は。。。?

 13時ちょうど、パイロットのウォークスルーが始まりました。予定通りフライトに行くようです。さすがですね。っていうか、僕みたいなヘタレ野郎とは違いますよね(笑)

 

 

f:id:sion0529:20151107133405j:plain

 <ダイヤモンドテイクオフ&ダーティーターン  SS 1/2000  F6.3  ISO640  600mm>

 4機離陸後にダイヤモンド隊形に変化、そしてダーティーターン後に会場正面から進入してきます。ブルーインパルスから「こんにちは (^o^)/ 」感じですね。頭上を通過するときに撮りました。

 

f:id:sion0529:20151107133421j:plain

<ファンブレイク    SS 1/2000  F8.0  ISO640  600mm>

 僕が初めてブルーを見たときに衝撃を受けた課目です。左手後方の建物の陰からズバッと現れて、密着したダイヤモンド隊形で目の前を駆け抜けていきます。周りの観客からも「近いな。。。」と感嘆の声が上がっていました。

 

f:id:sion0529:20151107133454j:plain

<デルタロール(?)   SS 1/2000  F6.3  ISO640  550mm>

 たぶんデルタロールだったと思う(笑)。そして下がデルタループだったような。

 ブルーインパルス6機(全機)でデルタ隊形を維持しながらバレルロールしています。デルタ隊形が捻れる「面」を見せてくれるフライトパスは、もう芸術品と言っても良いでしょう。ちなみにこの写真は、今回のベストワンだと思っています( ̄+ー ̄)

(当社比、個人の感想ですw)

 

f:id:sion0529:20151107133510j:plain

 <デルタループ  SS 1/2000  F7.1  ISO640  600mm>

 スモークを焚きながらデルタ隊形で降下進入してきています。

 う〜ん、快晴の青空に映えますよね(自画自賛w)

 強いて言えば望遠がもう少し効いていれば、迫力のある絵になったかもしれません。ていうかキッパリとトリミングすれば良かったかな。なんかトリミングって負けた気がするんですよねw

 あ、でも1枚目のダーティーターンの写真だけはトリミングしています。1番機の水平を出したかったので仕方なく。 

 

f:id:sion0529:20151107133537j:plain

 <ローリング・コンバット・ピッチ  SS 1/2000  F7.1  ISO640  150mm>

  この課目になると「ああ、今年も終わりだなぁ〜」と感慨深くなります。この後、1〜4番機は等間隔に一直線に並んで着陸シーケンスに入ります。

 

 ブルーインパルスって「カッコ良い」ってよく言われてるけど、僕には少し違和感があって。。。「美しい」という言葉がピッタリな感じがするんです。フライト自体もアクロバット(曲技)の演技を見せるというよりも、大空のキャンパスに6機で描く「絵」を見せてもらっているように感じています。

 なんか日本語の「展示飛行」ってピッタリな言葉ですね。

 

 秋晴れの青空にブルーインパルスの展示飛行。芸術の秋を堪能した1日でした。

 

 

  その他の航空祭の写真をアルバムにまとめました。

入間基地航空祭(2015年) | Flickr - Photo Sharing!